伝統あるものを受け継いでいくことができるのは、今を生きる私たちだけです。
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • ブログ

ブログ

地鎮祭 何を準備すればいいのか

近々、地鎮祭があるのですが神社の神主さんからいた だいた「地鎮祭次第」です。 わかりやすく説明されています。 主に用意するものとして ・神饌(しんせん) ・初穂料 ・その他 青竹 注連縄 盛砂 鎌、鋤、鍬 と書かれていま …

天然乾燥の木

          大工工事が終わりに近づいたので検査がてら現場の確認 に来ています。 当社は天然乾燥材を使っています。 強制乾燥していない木材です。 機械で乾燥させたよ …

雇い竿シャチ栓

日本の木造住宅の伝統的な継手に「雇い竿シャチ栓」 という継ぎ手があります。 通し柱を挟んで梁同志を引き付け合うための継ぎ手です。 雇い竿です。 これがシャチ(車知)栓です。 栗の床板加工しました。 梁に組み合わせるとこの …

階段と吹抜けの手すり

                ただいま施工中の新築の家です。 階段と吹抜けの手すりが完成してました。 細い木で華奢な感じの手すりです。 ア …

看板板

                家の構造材を手刻みするとき、以前(昔かも)は大工さん が看板板(手板)を造っていました。 ベニヤ板に墨差しで …

ウッドデッキ

古民家のリフォームですが、デッキを造りました。 メーカーの樹脂製の既製品です。 当社は木で造ることが多いですが、耐候性ではやはり こちらの方が上です。 価格もそれなりにしますが。       …

古民家 お引き渡し

施工前 今日は古民家のリフォームの施主検査でした。 少しづつ変わっていく現場を見ている自分たちにとっては 大きな変化はありませんが、最初の状態しか知らない奥さん などはその変わりように驚くようです。 施工後   …

火棚

何を造っているかというと「火棚」です。 火棚というとこのような格子状のものが多く見られますが、 もとは熱や煙を拡散させるためのものであって板貼りです。 茅葺の家が多かったですから、火の粉があがって火災にで もなったら大変 …

古民家リフォーム

古民家のリフォームが終わりました。 床は杉の板に柿渋の古代色を塗装しています。 床板を貼ってから塗装すると隅っこやさねの部分に塗装 できないので塗装してから施工したのですが、やや艶が 足りない感じがします。 施工時の埃が …

古民家は暗くて寒い

            古民家のリフォームです。 古民家というと今は人気があって住んでみたいと思う人も 多いですが、「暗くて寒い」というイメージがあります。 ま …

« 1 2 3 4 87 »

カテゴリー

PAGETOP