伝統あるものを受け継いでいくことができるのは、今を生きる私たちだけです。

当法人について

当法人は、長期にわたって循環利用ができる200年住宅の普及・拡大を目指して、伝統資財・古民家等の再生リサイクルに関する事業を行い、伝統的木造建築の民家・町並みの保存並びに産業廃棄物の削減等による循環型社会の実現に寄与することを目的とするとともにその目的を達成するため、様々な事業を行っております。
協会概要 >>


最新活動報告

2020/01/07 奈良例会

更新日 2020年1月7日

例会を開催いたしました。

詳細は下記より議事録をご覧ください。

[ 議事録を読む ]  [ 例会の開催日程 ]

お知らせ

2月4日(火) 例会開催のお知らせ

古民家鑑定士の皆様のスキルアップや情報交換の場として、全国古民家再生協会 奈良第一支部 例会を開催いたします •日時  令和2年2月4日(火)18:15~20:00 •場所  大和郡山市片桐地区公民館 会議室2 大和郡山 …

古民家情報誌「ジャパトラ」7月号

古民家情報誌「ジャパトラ」7月号が発刊されました。 詳細はこちら ご覧になりたい方、店頭などに設置してくださる方はお電話またはメールにてご連絡お待ちしております。 お電話の方:0743-52-2358 メールの方:こちら

奈良県初となる木造空き家鑑定士育成講座を開催します。

当法人では、国が掲げる「一億総活躍社会」の実現に向けシルバー層を対象とした木造空き家鑑定士(古民家簡易鑑定)の育成を行っております。 今回は、奈良県初となる木造空き家鑑定士育成講座を公益社団法人生駒市シルバー人材センター …

10月5日(金) 例会開催のお知らせ

全国古民家再生協会 奈良第一支部 例会を開催いたします 井上顧問をお招きしての奈良第1支部・第2支部の合同例会となっております。 会場が通常の例会とは変更になっておりますのでご注意ください   •日時  平成3 …

近畿地区会員大会のご案内

全国古民家再生協会では、年に1度の全国会員大会(東京)の開催ならびに年1度の地区会員大会(全国8会場)の開催をおこなっております。 全国会員大会・地区会員大会は、各支部の事業者会員・一般会員を始めこれから活動をおこなう古 …

ブログ

火棚

何を造っているかというと「火棚」です。 火棚というとこのような格子状のものが多く見られますが、 もとは熱や煙を拡散させるためのものであって板貼りです。 茅葺の家が多かったですから、火の粉があがって火災にで もなったら大変 …

古民家リフォーム

古民家のリフォームが終わりました。 床は杉の板に柿渋の古代色を塗装しています。 床板を貼ってから塗装すると隅っこやさねの部分に塗装 できないので塗装してから施工したのですが、やや艶が 足りない感じがします。 施工時の埃が …

古民家は暗くて寒い

            古民家のリフォームです。 古民家というと今は人気があって住んでみたいと思う人も 多いですが、「暗くて寒い」というイメージがあります。 ま …

格子の壁と大和天井

                格子の壁を造っています。 耐力壁にもなっています。 単純に筋違を入れた壁や合板の壁の方が耐力は大きい ですが …

囲炉裏部屋

8帖の洋室として使っていた部屋ですが、囲炉裏部屋 にリフォームします。 囲炉裏といっても床を掘り下げて造るのではなく、 炭火が使えるテーブルを置くだけですが、自在鉤や火棚 も吊り下げます。 火棚と自在鉤を吊るすために松の …

PAGETOP