伝統あるものを受け継いでいくことができるのは、今を生きる私たちだけです。

当協会について

当協会は地域に残る日本の伝統的建築である古民家を次代に受け継ぐため、古民家のインスペクションを始め古民家等の再生、活用、地域の未来を見据えた活動を実施しています。
また国土交通省リフォーム事業者団体に登録される一般社団法人全国古民家再生協会の支部事務局として全国ネットワークで対応をおこなっています。
協会概要 >>

全国古民家再生協会 古民家再生安心3カ条

1、技術ある大工さんネットワーク
古民家の再生には、技術ある大工さんが必要不可欠です。
当協会は国土交通省と連携し職人育成に力を入れており、手刻みができる大工さんネットワークを有しています。

2、リフォームかし保険の徹底
リフォームにかし保険の付保はスタンダードです。
当協会は、国土交通省リフォーム事業者団体として、全ての古民家再生工事にリフォームかし保険を付保しています。

3、茅葺古民家も適正価格で再生可能
これまで一般的に茅葺屋根の葺替はコストがかかり困難なものと捉えてこられました。
当協会は茅葺職人技能士を育成し、日本の伝統的な屋根である茅葺古民家を適正価格で再生が可能です。



最新活動報告

更新日 2020年9月8日

例会を開催しました。

詳細は下記より議事録をご覧ください。

[ 議事録を読む ]

お知らせ

スズメが少なくなった

先日、社内で「最近、スズメが減ったように思いませんか」 という話が出ました。 そういえば少なくなったように思います。 と思っていたら、今朝テレビでも取り上げられてました。 統計を取ったところ、ここ20年の間に全国で6割ほ …

10月6日(火) 例会開催のお知らせ

古民家鑑定士の皆様のスキルアップや情報交換の場として、全国古民家再生協会 奈良第一支部 例会を開催いたします •日時  令和2年10月6日(火)18:00~20:00 •場所  大和郡山市片桐地区公民館 会議室2 大和郡 …

床、壁、天井、廻り縁と巾木

                天井の仕上げですが、こちらの家は和紙を使ってます。 天井はクロスを使うところが多いと思います。   …

5月例会 中止のお知らせ

毎月開催させていただいている例会ですが、新型コロナウイルスに伴う緊急事態宣言により会場が利用できない状態になっておりますので、今月の例会は中止とさせていただきます。 次月は6月9日午後7:00からを予定しておりますが、状 …

奈良県初となる木造空き家鑑定士育成講座を開催します。

当法人では、国が掲げる「一億総活躍社会」の実現に向けシルバー層を対象とした木造空き家鑑定士(古民家簡易鑑定)の育成を行っております。 今回は、奈良県初となる木造空き家鑑定士育成講座を公益社団法人生駒市シルバー人材センター …

ブログ

伊勢神宮 一日詣り

                今日は、社員全員で伊勢神宮へ一日詣りに行ってきました。 外宮から内宮へ、ほぼ一年ぶりの伊勢神宮です。 平日と …

家の一生

          昨日のブログの続きになります。 自分たちでは大した意見も出さず完成した家でしたが、それほど 不便も感じずに暮らしてきました。 というか、男の子が3人生 …

家づくり

                  私が住んでいる家は、私が28歳の時に建ててもらった家です。 ですから築35年になります。 そし …

地盤改良

  地盤改良工事です。 地盤改良という工事は地盤調査をしてみないとわかりません。 調査会社ではある程度の地質や地盤のデータが揃っているの である程度の予測は付くようです。 この工事は支持層までの深さも調査の結果 …

湿式工法

玄関のタイルを施工しています。 玄関だけは今もほとんどの家はタイルや石を貼ります。 左官屋さんがモルタルや三和土で施工することもあり ますが、タイルが一般的です。 タイルと言えば、ひと昔前までは台所の壁もタイルで した。 …