伝統あるものを受け継いでいくことができるのは、今を生きる私たちだけです。
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 月別アーカイブ: 2015年12月

2015年12月

仕事納め

今日は、仕事納めに地鎮祭でした。 晴天に恵まれてよかったです。 工務店、建設会社にとって地鎮祭はつきもので 何度も経験がありますが、施主さんにとっては一生に一度か二度 といった経験です。 最初はどこに頼めばいいものか、何 …

水泳という運動

スイミングに通い始めて4カ月たちました。 やっと体が馴染んできたように感じます。 歳のせいか、馴染むのに時間がかかります。 泳いだ直後の疲労感はかなりあって、階段を降りるのに脚がガクガク することもありますが、その後は心 …

自然災害にそなえて

ここ数年、毎年のように自然災害が起きています。 広島の土石流や鬼怒川の堤防決壊など地震以外にもいろんな災害 が起こります。 今までにないゲリラ豪雨などは温暖化による影響とも言われます。   奈良県でも昭和57年 …

「下町ロケット」を見て

「下町ロケット」昨日最終回でしたが、いいドラマでした。 ドラマはめったに(全く)見ないのですが、たまたま初回を見て 引き込まれ最後まで見させてもらいました。 楽しみにして見たドラマと言えば「白い巨塔」以来です。 確かこの …

解体工事はクレームが多い

解体工事 皆さんも時々見かける工事です。 住宅から大きなビルまで老朽化すれば解体することになります。 「空き家対策特別措置法」では「特定空家等」に指定されると 解体という措置を講じるよう催促される可能性も出てきました。 …

蔵を維持していく

昔からある蔵。 田舎建ての大きな家の敷地には今もあります。 戌亥蔵(北西の方角にある蔵)、辰巳蔵(南東の方角にある蔵) など田舎ではステータスのように立っていました。 しかし、この蔵維持していくのが大変です。 また、今の …

家は、リフォームやメンテで長持ちする

今日は、リフォームの完成見学会でした。 以前ハウスメーカーで設計されていた知り合いの方が 見学会に来られました。 この方は、すでに定年退職されているのですが入社 間もないころ自分が携わった家だったようです。 トラックで木 …

玄関は狭くていい?

式台のようですが、式台ではありません。 床と同じ高さに設置してあります。 施工するまでは、てっきり土間と床の中間くらいに取り付 けるつもりだったのですが、よく確認してみると、床と同 じ高さで良かったようです。 &nbsp …

これからもリフォームできる家が望ましい

木造住宅の平均寿命は、30年位と言われます。 今、建設業界ではリフォームがはやっています。 ほとんどが、築30年から40年くらいの家です。 このままリフォームが続けば、自然と住宅の平均寿命も 延びていきそうです。 もとも …

伝統構法のデメリット

「伝統構法の家」と検索してみるといろんな情報が出てきます。 この工法の家を見直そうとしている人が増えてきています。 間仕切り壁の少ない建具で仕切る住まい 湿気の多い日本に合った調湿効果のある無垢材、畳、土壁といった素材 …

1 2 »

カテゴリー

PAGETOP